アザマラ・クラブ・クルーズ

アザマラ・ジャーニー/アザマラ・クエスト 

 
【アザマラ・クラブ・クルーズポイント】
食事のおいしさをどうぞ覚えていてください

コンパクトでシックなブティッククラス(プレミアムとラグジュアリークラスの中間)

お客様とクルーの人数比率は1:1.8。

スイートクラス42室、バルコニー199室、海側80室、内側26室の合計347室。

こだわりの寄港地
「You'll Love Where We Take You(きっと忘れられない場所になる)」をキャッチコピーに、大型船では寄港しない小さな街に寄港したり、クルーズのハイライトとなる寄港地では停泊し、じっくり観光していただくことを目指します。

寄港地観光も文化体験、地元の人とのふれあい、その土地ならではの食文化、自然探索、工芸品や美術品のショッピングなど、ゲストの好奇心を満足させるものを選定します。

食事へのこだわり
当初より食事には力を入れておりますが、さらに質を高めてまいります。また、昼食、夕食時にはハウスワインを追加料金なしでご用意します。

ウェルネス
ゲストに健康的ではつらつと過ごしていただけるようなリラックスプログラム(スパ/フィットネス)を導入します。

質の高いサービス
スイートに宿泊するお客様へのバトラーサービスやタラソテラピープールの無料などの追加サービスなど
船内すべての部門で”ひときわ優れたサービス”の追求

インクルーシブ料金の設定
チップやミネラルウォーター、ハウスワイン、一般的なカクテル、などが予め含まれたインクルーシブ料金になります。


アズ・アメイジング・イブニング
その船乗船客だけのプライベートディナーイベント


アザマラ・クラブ・クルーズは、3万トンの中型客船「アザマラ・ジャーニー」と「アザマラ・クエスト」を保有。

大型客船が入れない珍しい寄港地を組み入れ、また停泊を増やし寄港地での滞在を重視したり、連続乗船するとより魅力的なアイテナリーになるなど工夫を凝らしたりした“ランド・ディスカバリー”プログラムに加え、ドレスコードは毎晩リゾートカジュアル、チップやアルコール飲料をインクルーシブにしてお支払の煩わしさを軽減するなど、ブティック・ラインと称して、旅慣れた富裕層のお客様を中心に、リピーター顧客を獲得しています。

2007年に運航を始めて以来の大きな改装となり、船首から船尾あらゆる場所をアップグレードする計画で、「アザマラ・ジャーニー」が2016年1月に、「アザマラ・クエスト」が2016年4月にドック入りする予定です。

船内
アザマラ・クラブ・クルーズ お一人様参加料金割引キャンペーン 2013年-2014年
アザマラ・ジャーニー
総トン数:30,277トン/ 乗客定員:694人/ 乗組員数:390人/ 全長:180m/ 全幅:25m
喫水:6.0m/ 巡航速度:18.5ノット/ 就航年:2000年5月/ 改装年:2007年5月

セレブリティクルーズ社の新ブランド、アザマラクルーズ2隻はスペインのプルマンチュールから2007年に移籍しました。3万トンクラスでありながらデラックスブランドとして改装され、2つのスペシャリティレストランを備え、アクア・スパ、コバ・カフェ、寿司カフェなど設備は充実しています。またスイート客室はバトラー(執事)が対応し、きめ細かなサービスも特徴です。
アザマラ・ジャーニー リオのカーニバルクルーズ12泊13日
2015年2月7日出航分
アザマラ・ジャーニー カナリア諸島クルーズ11泊12日
2014年11月16日 出航分
アザマラ・ジャーニー 南米・南極 シーニッククルーズ17泊18日
2015年1月10日出航分
アザマラ・クエスト
総トン数:30,277トン/ 乗客定員:694人/ 乗組員数:390人/ 全長:180m/ 全幅:25m
喫水6.0m/ 巡航速度18.5ノット/ 就航年2000年11月/ 改装年2007年10月

セレブリティクルーズ社のデラックスブランド、アザマラクルーズ2隻目。スペインのプルマンチュール社で2000年就航のブルー・ムーンは2007年にセレブリティへ移籍しアザマラ・クエストに名前を変えました。デラックスブランドに相応しく、乗客1.8人につき乗務員1人というクルーの数の多さ、スイート客室のバトラー(執事)対応など、きめ細やかなサービスが自慢です。また2つのスペシャリティレストラン、コバ・カフェ、寿司カフェなど設備も充実しています。
アザマラ・クエスト エーゲ海・イスラエル クルーズ12泊13日
2014年10月12日出航分

アザマラ・クエスト 大阪〜シンガポール16泊17日 
2015年3月5日出航分

アザマラ・クエスト バリ島〜大阪クルーズ16泊17日 
2015年2月17日出航分
 
アザマラ・クラブ・クルーズ、所有船2隻の大幅な改装を発表
旅行好きなお客様に新しい船旅経験をしていただくために、内装、サービス、アメニティを一新

マイアミ 2015年6月2日- アザマラ・クラブ・クルーズは、高級感あふれる小型船でのクルーズと珍しい寄港地をたっぷり楽しめる独自のアイテナリーを提供する、ブティック・ラインです。
本日、所有する2隻の客船、「アザマラ・ジャーニー」と「アザマラ・クエスト」2隻について、来年のドライドックにあわせて“大きな改装”を施すことを発表しました。

乗客定員686人、3万トンクラスの中型船は、新しいパブリックスペース、テクノロジーを加え、装いも新たに、斬新なサービスとアメニティを提供します。船首から船尾まで、あらゆる箇所に手を加え、すべての客室、ダイニング、スパ、エンターテインメントなどすべてをグレードアップします。

アザマラ・クラブ・クルーズの社長兼CEO、ラリー・ピメンテルは、「当社の強みは、“ランド・ディスカバリー”プログラムで、ほかのクルーズ客船が寄らない珍しい寄港地を訪れることや、停泊してのんびり過ごしたりまたはより深く探求して過ごしたりすること、連続乗船するとより魅力的なコースになることなどを提案し、市場シェアを獲得しています。予想を超えた数のリピーターのお客様に支えていただき、また多くのお客様が、連続乗船を予約してくださっています。これからも寄港地を存分に楽しむことに主眼をおき強化していきますが、それと同時に、船上での過ごし方についても、お客様のご要望にお応えできるよう、現代のニーズに合わせたものにアップグレードしたいと考えています。」と説明しています。

「今回発表したような大々的な改装は、お客様の満足度に直結するものですから、早くお楽しみいただきたいと、2隻が改装されて出てくるのが今から待ち遠しい限りです。船内すべての場所が新しい見た目と雰囲気をまとい、明るく、現代的になるでしょう。そして新しい設備はお客様に新鮮な体験をもたらすでしょう。それだけではなく、当社は、新たなイノベーションにも資金を投じ、細かなことにまで細心の注意を払ってきました。こうした対応により、本当の意味であらゆる観点から、アザマラ・クラブ・クルーズのクルーズ体験を刷新することになるのです」。

「アザマラ・ジャーニー」は2016年1月にバハマで、「アザマラ・クエスト」は2016年4月にシンガポールで、それぞれドライドック入りする予定です。

 

logo
船8
料理
プール
船内01

【受託販売】
 
アイネットジャパンコーポレーション 東京都知事登録旅行業
第3−4648号
 
〒103-0014東京都中央区日本橋蛎殻町1-21-4 N2ビル2階
営業時間/月曜〜金曜09:30-18:00(休日:土.日.祭日)
Tel.03-5623-0780 Fax.03-5623-0730
E-mail:
cruise-network@i-net-japan.co.jp