| トップページ | ご予約・お申込み | お問合わせ・資料請求 |
フェリーさんふらわあスイートルームで航く
鹿児島指宿温泉老舗旅館堪能の旅
2019年2月23日(土)2019年5月28日(火)3日間
p
p
【こだわりの10のポイント】
1.旅の始まりに「ハイアットリージェンシー大阪」で出発式
2「.さんふらわあ」のスイートルームで、ときめきの船旅
ご利用船室 :スイートルーム まるでホテルのような、広々とした贅沢な空間です。専用のバルコニーでは、太平洋を望みながら、ゆったりとした上質な時間を過ごせます。非日常の船旅を心ゆくまでご堪能ください。
3.「プロが選ぶ優良観光バス30選」の表彰を受けた女性バスドライバーがご案内
4.黒酢の里福山町で、日本初の黒酢レストランの黒毛和牛のステーキを食す
5.幻の焼酎のふるさとから、表側の雄大な桜島を望む
6.お宿は「5つ星の宿」の認定を受けた白水館の最上級客室「離宮」
7.森伊蔵酒造一押しのプレミアム焼酎『極上森伊蔵』を夕食時に1本(720ml)を提供
8.本場大島紬の制作工程にふれあい、奄美大島郷土料理『鶏飯』を食す
9.移ろいゆく400年の歴史の薩摩焼、「沈壽官窯」の作品に魅了される
10.薩摩焼のろくろ体験を通じて、旅の思い出に一品を添える
p p
【旅行代金】
2名1室利用(大人おひとり様)
東京発着 @195,000円 大阪発着 @165,000円
1名1室利用 東京発着 280,000円 大阪発着 250,000円
p p
【旅行代金に含まれるもの】
●東京発:新幹線乗車代(東京駅→新大阪駅 グリーン車利用)
●往路:大阪→志布志フェリー乗船代(スイートルーム利用)
●復路:鹿児島空港→大阪国際空港 全日空552便 航空運賃または鹿児島空港→東京国際空港 日本航空652便 航空運賃(2018年12月現在)
●指宿白水館1泊宿泊代
●お食事(フェリー夕食1回・朝食1回/ホテル夕食1回・朝食1回/昼食2回)
●観光施設入場料
●現地貸し切りバス代(利用バス会社:南薩観光)
●バスガイド代
●通行駐車料
●添乗員経費
●サービス料、諸税
p
◎最少催行人員:大人10名
※最少催行人員は10名ですが、10名以下で実施する場合がございます。その場合、専用車はジャンボタクシーを利用する場合がございます。
◎添乗員:新大阪駅から鹿児島空港まで同行いたします
◎申込締切:出発日の10営業日前
p
p p
p p
p p
【旅行日程表】
旅のはじまりは、ハイアットリージェンシー大阪ホテルで出発式イベント
 
1日目
各自東京駅出発----JR新大阪駅 駅団体駐車場(集合) =〈専用送迎〉 = JR大阪駅桜橋口 14:30集合 ※ = ハイアットリージェンシー大阪(出発式) = さんふらわあターミナル(大阪)第2ターミナル 17:55発〜〜フェリーさんふらわあにて鹿児島へ〜〜(ゆったりスイートルーム利用)
※集合は、ハイアットリージェンシー大阪へ直接お越しいただいてもかまいません。(15:25集合) 船中泊 (夕食付き)

2日目
志布志港 08:55?09:40着 = 黒酢本舗 桷志田(工房見学・鹿児島県産黒毛和牛ステーキの昼食) = 森伊蔵酒造アンテナショップ(森伊蔵グッズの販売 ※焼酎はお買い求めいただけません) = 有村溶岩展望所(桜島眺望) = 桜島港 〜〜 桜島フェリー 〜〜 鹿児島港 = 指宿白水館
指宿白水館離宮泊 (朝食、昼食、夕食付き)

3日目
指宿白水館 … 薩摩伝承館(薩摩の歴史と文化を鑑賞) = お茶のはまだ(知覧茶 お買物)= 奄美の里(大島紬の製作行程見学・鶏飯の昼食) = 美山沈壽官(薩摩焼窯元・見学) = 美山陶遊館(ろくろ体験)
鹿児島空港(ANA552便)18:40発 *** 大阪国際空港(伊丹空港)19:55着
鹿児島空港(JAL652便)18:50発 *** 東京国際空港(羽田空港)20:20着

*2日目 ご宿泊:指宿温泉 白水館(5つ星の宿:「5つ星の宿」は、観光経済新聞社が独自に設けた「人気温泉旅館ホテル250選」に通算5回以上入選した宿を認定。)
 
【白水館 施設】
<離宮>
全室、海側に面している離宮は日常を忘れる上質空間。窓からは、青から藍・茜色へと変化してく錦江湾を楽しめます。 <元禄風呂>
江戸の歴史を再現した約1000坪の大浴場。浮世絵を壁一面に施した浮世風呂や江戸石榴風呂のほか、樽風呂や窯風呂など個性あふれるお風呂をお楽しみいただけます。

<指宿の天然「砂むし温泉」>
滞在中1回入浴をプレゼント!
すっきりと目覚めた朝は、館内にある砂むし風呂はいかがですか?
砂の中に身体を埋めれば、じんわりと身体が温まってきます。砂の重さと温泉の効果で、体中の老廃物が大量の汗とともに流れ出てきます。

特別メニューの夕食(2日目)
豊かな土壌と海の恵みを受けた、よりすぐりの美味をふんだんに本来の味を生かして丁寧に仕上げたお料理をお届けいたします。四季折々に情緒を醸し出す、地のお献立をお楽しみください。
夕食時に、幻の焼酎「極上森伊蔵(720ml)」お一人様に1本付き
*幻の焼酎 極上森伊蔵
森伊蔵酒造の極上の一品。味わい深い森伊蔵を温度、湿度が安定した貯蔵場で3年以上熟成させた芋焼酎です。「極上森伊蔵」は、喉越しは想像の域を超え、芳醇で甘い香りやまろやかな味わいが口いっぱいに広がります。

お献立(一例)
食前酒 梅酒 小 鉢 胡麻豆腐 前 菜 いくら醤油漬け、川海老芝煮、雨子南蛮漬け、合鴨醤油煮 そら豆、子持ち昆布、茗荷寿司 先 椀 水雲真蒸 お造り 鯛、鮪、寒八、車海老 焚 合 黒豚の角煮 焼 物 甘鯛の柚庵焼き、さざえの壺焼き 海老の化粧焼き、大根サラダ、はじかみ 強 肴 黒毛和牛のしゃぶしゃぶ 揚 物 パン包み揚げ、南京饅頭、青唐、レモン
酢の物 鰹のタタキ 御 飯 鹿児島県産米 止 椀 薩摩汁 香の物
果 物 季節物 (仕入れの状況により変更になる場合あり)
 
★こだわりの食事 (仕入れの状況により変更になる場合あります)
1日目 夕食 2日目 朝食
「フェリーさんふらわあ」の船上レストラン さんふらわあでは、船上レストランをご用意しております。夕食・朝食は共にバイキングスタイルになっています。夕食は、和食・洋食・中華。朝食は、和食・洋食となります。生ビールも好評。

2日目 昼食
桷志田(かくいだ)
良質な玄米と麹、福山町の湧水、そして伝統製法によって造られた”桷志田”は水でわるだけで美味しく口にできる稀有な玄米黒酢です。黒酢ブーム以来、全国的にさまざまな黒酢商品が登場しましたが、黒酢の元祖「壷作り黒酢」があるのは鹿児島の福山町だけです。
黒酢レストラン・黒酢本舗「桷志田」では黒毛和牛ステーキの昼食をお召し上がりいただきます。玄米黒酢「桷志田」を醸造している壷畑の見学や、黒酢関連商品のショッピングも楽しめます。

3日目 昼食
奄美の里:奄美の里は、本場大島紬の製作工程や南国の風を感じる庭園、奄美大島の当時の生活風土をご覧いただける名所です。鹿児島市内にいながらゆったりした時間をお過ごしいただけます。鹿児島の郷土料理である鶏飯(けいはん)をお召し上がりいただきます。
コース内容
鶏飯一式(鶏ささみ・錦糸玉子・のり等の具・ご飯・スープ) 小鉢 とんこつ さつま芋のドラゴンフルーツ和え 豚みそ&きびなご天 漬物 フルーツ
p p
【人気の観光スポット】
<薩摩伝承館>
白水館の敷地内にある、日本の伝統美と薩摩の心を表現した「薩摩伝承館」。日本の伝統美と薩摩の心を表現した約3000点のコレクションを公開。
そこに息づく「光」「水」「音」「香」そして「風」を、五感で感じてください。

九州での移動は南薩観光プレミアムライナーで
「プロが選ぶ優良観光バス30選」で優秀ドライバーとして表彰された女性ドライバーを指名しています。別府加奈子さん(予定)
<森伊蔵酒造アンテナショップ>
鹿児島県産のサツマイモを使い、県内で製造・瓶詰めされた焼酎を「薩摩焼酎」と呼びます。県内各所に100軒以上の蔵元があり、銘柄数は2000を超えます。森伊蔵は鹿児島を代表するプレミアム焼酎と称されている人気の芋焼酎です。
森伊蔵酒造アンテナショップでは焼酎の販売は行われておりませんが、飴やハンカチ等グッズお買い求めいただけます。

<知覧茶「お茶のはまだ」>
日本一のお茶生産量を誇る南九州市知覧町。農林水産大臣賞や全国茶品評会日本農業中央会長賞等を受賞。品質と味の評価が高まっています。

<沈壽官(ちんじゅかん)>
美山は400年以上前に朝鮮半島より伝わった薩摩焼のふる里として歴史ある町です。中でも沈壽官窯は、慶長3年初代「沈 当吉」が朝鮮国南原より薩摩に渡来して以来、今日まで受け継がれています。初代から15代までの歴代の作品を展示し、沈家に残る貴重な古文書や図案等も紹介しています。伝統的な白薩摩・黒薩摩を製作し、日用品から茶道具まで幅広く展開しています。

<美山陶遊館>
窯元を見学した後は、「美山陶遊館」にて薩摩焼のろくろ体験であなただけの一品を作りましょう。※薩摩焼の陶工による指導。※エプロン貸与 ※約1ヶ月後、焼き上がった作品のご自宅までの送料は各自ご負担となります。
 
 
 
 



受託販売 お問合せ・ご予約は
クルーズネットワーク CRUISE NETWORK
アイネットジャパンコーポレーション 東京都知事登録旅行業 第3−4648号
〒103-0014東京都中央区日本橋蛎殻町1-21-4 N2ビル2階
営業時間/月曜〜金曜09:30-18:00(休日:土.日.祭日)
Tel.03-5623-0780 Fax.03-5623-0730

E-mail: cruise-network@i-net-japan.co.jp
 
Copyright (C) 2015 Cruise Network All rights reserved